当院でのコロナウィルス対策について

令和2年、世界中でコロナウィルスが猛威を奮っています。日本においても4月7日に緊急事態宣言が出されてからも罹患数は上昇し、いまだ終息していません。またこの感染症の怖いところは、肺炎の発症率が約20%と高いこと、感染力が強いこと、そして感染経路が不明なケースが増えてきていることです。医療機関はコロナ感染の可能性がある患者様を診療する最前線である反面、その医療機関で感染が蔓延し、集団感染(クラスター)となってしまう危険もあるのです。しかしコロナが大流行している現在ですが、コロナ以外の病気を抱えて通院している患者様が数多くおられます。そういう方にも安心して来院して頂けるよう、当院では次のような試みをしています。

1. 受付の透明シールド

当院のスタッフには全員にマスクの着用を義務付けていますが、さらに直接飛沫感染が防げるよう、受付全面に透明なビニールシートでシールドを作成しました。ちょっと物々しい感じもしますが、患者様とスタッフ双方の安全のためにもご理解のほどお願いいたします。

3. 待合室の椅子のレイアウト変更

患者様がスタッフやほかの患者様と、なるべく直接向かいあわないよう。また密接して座りにくいように待合室の椅子のレイアウトを変更しました。

4. 発熱患者様の隔離スペースを設置

発熱している患者様はカーテンで区切られた待合スペースにて待機して頂き、診察から会計までカーテンで仕切られた別スペースにて行います。待合室で一般の患者様と長時間接触することはありません。また患者様をひとり診察するたびに椅子やドアノブの消毒を行います。

2. 消毒液による手洗い

当院を受診する患者様には全員に消毒液による手洗いをお願いしています。これは患者様が手を触れた部分からの接触感染を防ぐためです。手の荒れや、かぶれやすい体質の方などはお申し出ください。

5. 防護具の使用

風邪症状のある方や、発熱している患者様は防護具を着用したうえで上記の隔離スペースにて診察いたします。使用した防護具は適切に廃棄し、院内での感染を防ぎます。(注:防護具は安定供給されていないため、写真のものとは異なる場合があります)

風邪症状・発熱のある患者様へ

下記に該当される方は直接来院せず、まず池田保健所(072-751-2990)へ連絡し、指示に従ってください。保健所にて一般の病院・クリニックにて診察を受けるように指示された場合は当院で対応いたしますが、必ず事前に電話連絡(072-760-0145)のうえ、マスク着用での受診をお願いいたします。また感染防護具使用のうえでの診察になりますので、院内トリアージ実施料(3割負担で900円)がかかります。ご了承ください。

  1. 息苦しさ・強いだるさ・高熱などの強い症状のいずれかがある場合 

  2. 重症化しすい方(*) で発熱や咳などの比較的軽い風邪症状のある場合 (*)高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)等がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  3. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

〒563-0031

大阪府池田市天神2丁目3−13 カーサ天神 A-1

TEL : 072 - 760 - 0145    

FAX : 072 - 760 - 0146

Mail : info@ishico-clinic.com

©2018 All Rights Reserved by Kai ISHICO